悪玉コレステロール 減らす

MENU

コレステロールって何?善玉と悪玉の違いは?

女性 画像コレステロールという言葉はよく耳にしたり、目にしたりする

言葉ですが、コレステロールの意味を説明してと言われても、
答えられない方というのは意外と多いのではないでしょうか?

 

健康診断などで、コレステロールが高くなりすぎてますね〜

 

と、先生などから言われた経験をした方もいらっしゃると
思うので、今回はそのような方達に参考になる情報を
紹介してみたいと思います。

 

 

コレステロールは人間の体に必要な栄養素

悪玉コレステロール 画像

 

コレステロールは、人間の細胞膜を形成したり、体内に取り込まれた
栄養素を分解したりする役目などを持つ、脂質の一種となります。

 

基本的には、人間が生きていく上での絶対必要栄養分です。

 

脂肪分などの栄養素を吸収・消化する役割の、胆汁酸も
このコレステロールが元となり形成されているのです。

 

 

人間の体には、約60兆個もの細胞でできていますが、その元となる、
細胞膜を作る働きをしているのがコレステロールということになります。

 

従って、コレステロールは健康に良くないから全く必要ない、
体に良くないという方がいますが基本的には間違っています。

 

コレステロールは人間の体になくてはならないものであり、
コレステロールが体内にないと人間の新しい細胞というのは
作れなくなります。

 

コレステロールが体に良くないというのは基準値を
大幅に上回った場合の話ですね。
このような時には、確かに体に良くない場合もあります。

 

しかし、人間が生きていく中でのコレステロールの役目は
非常に大きいものとなっています。

 

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いは何?

 

コレステロールには、善玉コレステロールと
悪玉コレステロールというのが存在します。

 

この2つのコレステロールを含めた総称を、総コレステロールと言います。

 

善玉、悪玉という言葉もよく聞くけど
詳しくはわからないという方に説明してみましょう。

 

 

まず、善玉コレステロールは、HDLコレステロールと呼ばれ、
主にタンパク質でできています。

 

厳密に言うと、リポタンパクという形で血液中を回っているのですが、
コレステロールは脂質の一種なので血液中では溶けないのです。

 

その為、水によく溶けるリポタンパクというものに姿を変えて
体中を巡回しているといった形になります。

 

主な、善玉コレステロールの役割は体中に余ったコレステロールを
肝臓に戻すことです。

 

悪玉コレステロール

 

善玉コレステロールが各組織に余ったコレステロールを元の肝臓に
戻すということは、この肝臓から各組織にコレステロールを
運んでいるのは誰だかもうわかりますよね?

 

そう、もうひとつのコレステロールの、悪玉コレステロールです。
この悪玉コレステロールの内部は、コレステロールが豊富に含まれています。

 

逆に、善玉の内部はコレステロールが少なくなっています。

 

悪玉コレステロールが、肝臓で作られたコレステロールを
各組織に栄養として使ってくださいということで運びます。

 

この時に、余ったコレステロールを善玉コレステロールが再び肝臓に
持ち帰るといったものとなり、いわば、この2つのコレステロールの
連係プレーで体中に必要なコレステロールを届けているのです。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスは非常に重要であり、
特に悪玉コレステロールが増えると善玉コレステロールが対処しきれずに、
各組織に余分なコレステロールが溜まってしまうなど、体に悪影響を
及ぼしたりするので、この点は注意が必要となります。

 

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが大事

 

コレステロールは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、
この2種類のコレステロールはそれぞれの役目を持ちながら
普段は活動して体の健康のバランスを保っていますが、どちらか一方が増えたり、
減ったりすると体にあまり良くないということがわかりました。

 

コレステロールの適度な摂取を心がけて健康な体を作っていきましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてください。