悪玉コレステロール 減らす

MENU

コレステロールが高いと体にどのような影響があるの?

悪玉コレステロール 画像コレステロールが高いと健康診断等で言われたは、

少なくないのではないでしょうか?

 

コレステロールが高いから改善しましょうね
と、病院の先生に言われたけど改善の仕方や、
そもそもコレステロールって高いと何がいけないの?

 

など、コレステロールに対する疑問点がいっぱいあると思います。

 

そこで、今回は、コレステロールが高いと
どのような危険があるのかについて紹介していきます。

 

現在、コレステロール値が高いと言われた方は要必見です。

 

 

悪玉コレステロールを増やすとコレステロール値が上がる

 

コレステロールには2種類のコレステロールがあり、
善玉と悪玉に分かれています。

 

このうち、特に増やしてはいけないのが、悪玉コレステロールです。

 

悪玉コレステロールが、増えると体中に、
余分なコレステロールを蓄えてしまうのです。

 

善玉コレステロールは、悪玉が運んだコレステロールを肝臓に
戻す役割がありますが、悪玉コレステロールが増えたことにより
回収のスピードが追いつかなくなっている状態です。

 

これが、コレステロール値が高いと言われている体内の状態になります。

 

 

悪玉コレステロールが増える原因ですが、主に加齢と摂取している食事が、
悪玉コレステロールを増やしているということです。

 

元々、人間は年齢を重ねると、体内に不要なコレステロールが
溜まっていくと言われています。

 

これは、運動や体を動かす機会が減ったことにより、
脂肪などを燃焼できなくなってきたというのと似たような形ですね。

 

また、中性脂肪が悪玉コレステロールを増やす原因のひとつになっているため
やはり、脂肪が燃焼しにくい体になると悪玉は増えやすいようです。

 

 

動脈硬化の恐れもある高コレステロール

悪玉コレステロール 画像

 

コレステロールが高くなると体にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

 

最も多いのが、動脈硬化です。

 

動脈硬化は、血管に不必要なものが溜まって、
血液の流れを悪くしてしまうものです。

 

人間に必要な酸素や栄養などは全て、
血液を通して運ばれていきます。

 

この、血液の流れが悪いということは、心臓や脳などの
大切な臓器に必要な栄養素が届かなくなり、
最悪の場合は死に至ってしまうこともある恐ろしい病気です。

 

 

そして、血液をスムーズに流れなくしているのが、何を隠そう
コレステロールになるんです。

 

体に溜まりすぎた悪玉コレステロールを善玉が一生懸命
回収するのですが、量が多すぎて回収しきれなくなった状態が
このような結果になってしまうのです。

 

また、上記でも取り上げた中性脂肪も血管に
詰まっている状態になっていることが多いため、血管は
体に不要な成分で障害物がたくさんできていることになります。

 

 

悪玉コレステロールと中性脂肪を減らすことが大事

悪玉コレステロール 画像

 

コレステロールが高くなる原因と、
高くなると引き起こす病気を紹介してみましたが、
非常に怖いものとなっています。

 

基本的には、悪玉コレステロールを体に溜めないことと、
悪玉コレステロールを増やす原因になる中性脂肪を燃焼させることが
コレステロール値を下げるのには必要です。

 

運動不足や脂肪分豊富なお肉中心の食生活が、
このような状態を生んでしまうことになるので、
普段の生活を見直すことも大事となってきます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。