悪玉コレステロール 減らす

MENU

コレステロールを下げるには普段の食生活を見直そう!

悪玉コレステロール 画像コレステロールが高いから食生活を見直して、

コレステロール値を下げよう!
と、意気込んでいるあなた。

 

しかし、コレステロールを下げる方法、
食事ってどういうものを摂取すればいいんだろうと
悩む方も少なくありません。

 

しかし、普段の食事の中でもコレステロール値を
下げる食べ物はたくさんあります。

 

今回は、コレステロールを増やす中性脂肪と
悪玉コレステロールを体内から減らす食べ物を紹介してみます。

 

 

コレステロール値を下げる身近な食べ物

 

青魚

悪玉コレステロール 画像

 

魚関係はやはり、体に良いですね。

 

青魚は、サバやサンマなどが代表的ですよね。
普段の食卓にも出てくると思います。

 

この青魚ですが、あの小さい体の中に、
豊富なタンパク質が詰まっています。

 

タンパク質は、糖質・脂質と並ぶ、人間が生きていく上で、
絶対に欠かせない3大栄養素のひとつです。

 

免疫力強化や高血圧予防、更には丈夫な骨を作るのにも必要な栄養素です。

 

そして、この、青魚を食べるメリットのひとつに、
中性脂肪・コレステロール値を下げる効果があります。

 

どのような成分が、中性脂肪・コレステロールを下げるのか?

 

 

それは、DHAEPAなんです。
青魚の中には、この成分が豊富に含まれています。

 

よく、青魚のサプリメントを見かけますが、非常に人気です。

 

あれはこのDHAとEPAが、生活習慣予防に
繋がる効果を発揮しているからなんです。

 

コレステロール値を下げる代表的な方法のひとつが青魚となります。

 

 

納豆

悪玉コレステロール 画像

 

コチラも普段の食卓に出てくる定番食品であります。

 

納豆もコレステロール値を下げるのに効果的です。

 

ただですね、納豆の場合は悪玉コレステロールを減らして、
コレステロール値を下げるのではないのです。

 

納豆はあくまでも間接的に悪玉コレステロールを、
減らす役割に徹しています。

 

どういうことかというと、納豆の場合は、
善玉コレステロールを増やしてくれる効果があるんですね。

 

善玉コレステロールは、悪玉コレステロールが、
体中に運んだコレステロールを肝臓に戻す役割として機能しています。

 

善玉がいるから、血管などに悪玉が詰まらないように見張っていてくれるのですが、
悪玉が増えると善玉のスピードが追いつかなくなります。

 

 

これがコレステロール値が上がる原因なのですが、
納豆は、じゃあ、善玉を増やせばいいじゃんということで、
体内に入ると善玉を増やしてくれます。

 

厳密にいうと、納豆に含まれている、
大豆イソフラボンという成分が善玉コレステロールを増やします。

 

体内に新人の、善玉が入ったことにより、
散らばったコレステロールを回収する時間が早くなります。

 

要は、納豆の効果は、善玉と悪玉のバランスを良くする役目ですね。

 

どちらもバランスが取れることにより、
コレステロール値も正常に戻りやすくなります。

 

 

コレステロール値を下げる食べ物を継続的に摂取しよう

 

コレステロール値を下げる代表的な食べ物2点を紹介しましたが、
どちらも、手軽に食べられる食材ですね。

 

特に納豆は、朝食で毎日食べている方も多いのではないでしょうか。

 

実験では、納豆を1ヶ月毎日食べ続けることによってコレステロールを含め、
体が健康的になったという報告もあるぐらいです。

 

青魚も、DHAとEPAが素晴らしい効果を、
もたらしてくれるので、ぜひ、食べてみましょう。

 

継続して食べることによって、
動脈硬化などのリスクを大幅に軽減させることができます。